FC2ブログ

♡ 色違いヒードラン♡

劇団四季

今日も訪ねて来てくださって、どうもありがとうございました。

久し振りの晴れ間!!
子どもの習い事を待つ間に、街で必死に日光浴。
今は必死でノエルの準備を進めています。
飾り付けにお料理にデザートに…
Vacances de Noëlの用意に…
と、楽しい忙しさに追われています。

環境が


11月中旬からクリスマスマーケット情報を調べておいたのに
出不精病が(?)発症して、まだ1ヶ所…しかも15分で終了;;
子供も楽しめるアトラクションが豊富らしいので
もう一ヵ所行く予定ですが…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…「ストラスブール」テロ事件
火曜日にストラスブールのクリスマス市を襲撃した
シェリフ・シェカット容疑者が(前科27犯)ストラスブール郊外の
ノイドルフで、木曜日の午後9時過ぎ、フランス警察によって
射殺されたことが報告。
5番目の犠牲者が日曜日に…
彼はポーランド人のジャーナリストで、先日亡くなった
イタリア人ジャーナリストと一緒に、
犯人がバーに入ろうとしたのを防いで亡くなった。
2人が自分の命に代えて、阻止していなかったら、
事件はもっと大きく、被害者も多く、悲惨な事に
なっていたかもしれない。
襲撃では11人が負傷し、7人がいまだ重体であるということ。

犠牲になられた方々のご冥福と負傷された方々の回復を
心よりお祈り申し上げます。

映像と



暴動に、テロと不穏な空気が漂うフランスですが、
気をつけていても防ぎようのないこともあります。

あれこれ考え過ぎると、それこそ
外出できなくなってしまいますので、
適度に注意しながら、
日々、過ごしたいと思います。

もちろん、平和が訪れたとしても、全てが今まで通り
と言うわけでもないし、時間は流れるし、生活は続く。
失くしたものを取り戻す事はできなくても、
それでも、時間は過ぎていきますね。
今までと全てが同じではなくても、前に進まなければ!うん。

反応は大丈夫
掲載注文

ライトアップある、なし、どちらが好み?
反映して
幕末明治



クリスマスマーケットより印象に残ったのは、
帰りに駅で食べたラーメン
容器が小さくて紙コップにラーメン??と、ビックリw
演説に
幕末から


鑑定士


お歳暮で頂いたハンバーガー機!!置き場所に困る(笑)
帰国時の荷物が増える…
撤廃する
勝ち誇る


一応、日本の風習でもある、お歳暮とお中元。
暮れには、お世話になった方に、感謝の気持ちを込めて、
贈るというお歳暮ですが、フランスでも12月は、
きちんと感謝の気持ちを形に表します。
配達で送られることもあるが、それはデリバリーサービスが、
まだまだ発達していないお国なので、やはり直接、
お世話になった取引先や営業所、店舗に寄り渡しています。
デパートで見掛けたお歳暮
  ↓   ↓
自社の
暮らしを
何故、我が家は消耗品じゃないの?^^

鑑定士



お気に入りのお肉屋さん
薄切り肉やミンチなど、スーパーに並んでいないので
希望通りに、カットや加工して頂けるので有難いです^^

電球を
披露宴

パリの街は日本と同じように、パン屋、魚屋、八百屋など
専門店があり、(最近はスーパーに押され気味ですが)
店の正面にパン屋なら小麦畑などの大きな絵が、掲げられていたり
しますが、先日見かけた肉屋さんに掲げられていた絵がこちら!

季節外れ

「私たちが食す肉というのは、牛や豚などを殺し、
命をいただいているんですよ」

日本だと、テレビのニュースとかでも屠殺シーンは映すことがないと
思いますが、フランスはそのあたりはがっつり映します。
マルシェでは毛のついたままのラパーンが数羽横たわって
いる光景…

ウサギを「1羽」「2羽」と数える由来には諸説あります。
獣を口にすることができない僧侶が、二本足で立つウサギを
鳥類だとこじつけて食べたためだという説や、ウサギの
大きく長い耳が鳥の羽に見えるためだとする説などが有力です。)


鑑定士


今日の色違いポケモン紹介は
「ヒードラン」
かこうポケモン
名前の由来は「火」+「ドラゴン」でモチーフもズングリとした体型、
特徴的な斑点模様などから、恐らくは実在する
両生類のファイアサラマンダーと思われる。
色ヒードラン食事
色ヒードランハート
ハードマウンテンの最奥で1匹のみを捕獲できる、
伝説のポケモンである。
その伝説からかけ離れたあんまりな図鑑内容にガッカリした
プレイヤーが多かったとか。
おまけに見た目も相俟って、いつしかゴキブロスと
呼ばれるようになってしまった。
一応伝説らしい伝承も存在し、それによるとシンオウ地方が
誕生した際にこぼれだした火の玉から
ハードマウンテンと共に生まれた存在らしい。
またヒードランの影響でハードマウンテンが噴火してしまうので
「かざんのおきいし」で封印されたようだ。
色ヒードラン火傷
色ヒードラン嫌
色ヒードラン怒り
色ヒードラン威嚇
元ネタは日本神話のカグツチからだと思われる。
タイプはほのおとはがねという唯一の組み合わせ。
マグマのような燃え滾る血液が流れており、その熱さは自身の
鋼の体の一部を溶かすほどで、周囲の気温も大きく上昇させる。
色ヒードランウインク
色ヒードラン爆発
複眼なのかは分からないが、瞼が無いらしく瞬きをしない。
眠らせても目を閉じない。
伝説のポケモンでは唯一♂♀どちらの性別もある。
交配でもするのかと思いきやタマゴは生まない。
ー色比較ー
通常ヒードラン


12月1日から24日までのアドベントカレンダーも
もうスグ終わります♪
1年前は3歳だった息子が、一気に開封してオシマイでしたが
少しだけ成長したのか、今年は毎日ひとつずつその日の番号の
窓を開けています^^
注文住宅の

主人用は18か国、31の醸造所からのビールが集められています。
重いことは予想できますが15kg!!
充電中



アドベントカレンダー

19世紀の終わり、ドイツのゲラルド・ラングという少年は、
クリスマスが待ち遠しくて仕方がありませんでした。
冬になると、毎日毎日お母さんに「クリスマスはいつ来るの?
早く来ないかなぁ」と聞いていたといいます。
そこで彼のお母さんは、ゲラルドの願いを少しずつ叶えてやるために、
あるアイディアを思いついたのです。
スパイスたっぷりのレープクーヘンを24つの袋に分けて入れ、
12月1日から1袋ずつゲラルドに渡していったのです。
ゲラルドはもう大喜び!
毎日おいしいレープクーヘンを食べながら、残りの袋の数を数え、
あと何日でクリスマス…!と楽しみにするようになりました。
優しいお母さんは、彼が大人になるまで毎年それを作ってくれたのでした。
大人になったゲラルドは、お母さんが作ってくれた大好きな
アドベントのプレゼントを世界中の子供たちに教えて
あげたいと思うようになります。

新築一戸建て

そうして20世紀の初頭、ゲラルドは世界で初めて24の窓を持つ
アドベントカレンダーを作り、販売を始めたのです。

12月1日から一つずつ窓を開けると、小さなプレゼントが現われます。
そして24個すべての窓を開け終えたら、待ちに待った
クリスマスを迎えられるというもの!
お母さんの愛がいっぱいに詰まった、贈り物なのです。
ゲラルドの作ったカレンダーの窓の中には、クリスマスにまつわる
形をしたチョコレートが入っていました。


一人のお母さんの愛から生まれたアドベントカレンダー


集中している



*お知らせ*
2018年12月23日からVacances de Noël 
クリスマスのバカンス中は
予約投稿での更新になります
m(._.*)m


本部を
>>八咫烏(全力稼働中)さんへ
こんにちは。
クリスマスの時期だけ、サンタクロース宛てのお手紙を受け付ける住所を、
オープンしている国がありますが、フランス国内からなら、
住所不要で、封筒に “ Père Noël ” (サンタクロース) と書くだけで
届くので嬉しいサービスですね^^

私のサンタクロースさん宛ての手紙(プレゼントの請求書?(笑))
無事に受け付けて貰えるでしょうか?^^
6億円の車も、どうしましょう(手紙が紛失したことにしようかな♪)
あっ不在票がいいかもしれませんねv

指を食べるポスト(笑←でも、笑いごとじゃないですよね;;
ポストに指まで入れたことは多分、記憶にないですが
日本の飲料水の自販機、取り出すときに挟まれたことは数回;;
取り出し口、狭くないですか?^^

パン屋さんは、たまーに日本の菓子パンが食べたい病に…
あんぱん、カレーパン、焼きそばパンにコロッケパンに、
クリームパンに、メロンパン…
そして、ふわふわの食パン^^
給食で人気だった「あげパン」も良いですねー。
やっぱり生まれ育った日本の菓子パン、そして駄菓子に
お米に味噌汁に…お正月にはお雑煮も食べたいなぁー。
~ありがとうございました~
本部を

>>ナカリママさんへ
こんにちは。
クリスマス前に、やっと本格的な寒さが到来したかな?
というパリとパリ郊外ですが、例年ならクリスマスシーズン真っ盛りの
時期がデモに…なので、皆さんちょっと不機嫌気味の様子;;

先週は、美術館や商業施設、そしてシャンゼリゼ大通りを中心とした、
中心部にあるレストランや商店、パリにあるデパートは軒並み、
臨時休業中でした。
そして、シャンゼリゼ通り周辺では、騒動で
破壊された
ウィンドウやガラスなどを、修復しない店舗がほとんど…謎です;;

主婦として、スーパーの事件は気になりますよね~。
量の違いも、「あっ、また」で通る国^^
小麦粉一つ買うにも、こちらで無傷というか、中身の小麦粉が
こぼれて必ず袋が粉だらけの物しかありません(笑
日本で、粉まみれの袋を売っているって無いに等しい^^

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、目に見えないんだよ。人間関係や子育て、
人生全般でなんだかなーって思うときに
読み返したくなりますv
高いところから、この地球を見おろしているうちに、
つまらない事にひっかかって、本当のよさを知らずにいる
あるいは、まちがった事を、本当の事と思っている
人間を、つくづく情けなく思ったのでしょう…

また、ウサギさんのことは紹介しますねー。
無事に息子のプレゼントは見つかりました^^
~ありがとうございました~
本部を

>>ぬくぬく先生さんへ
こんにちは。
クリスマスにサンタさんからお手紙が届くというのは、
子供にとってとても夢のあることですよね。
いつの時代も、サンタクロースさんは特別^^
誰が返事を書くのか…勿論、子供はサンタさんだと信じていますよね♪
大人になった今は、現場を見てみたい?^^

それから、聖ニコラウスは子どもにプレゼントもする話しがありますし、
サンタクロースと非常によく似ていますが、 ソリではなくて
ロバで旅行をしたので、フランスにはクリスマスツリーの下に
グラスワインとニンジンを置く地方があるのだそうです。
ワインはサンタクロースに、ニンジンはロバに対するお礼♪

フランスのスーパーでは驚くことが多いのですが、
本当に驚くのが、開封された商品がとても多いこと(笑

「実際にどんなものが入ってるのか中身を確認したい」と思った場合、
彼らはためらいもせずに、箱のひとつを開封して中身を確認し、
そしてそれを買うことなく置いていくんですよー!!
日本なら、大問題に…
なので、量の違いは気にしない?^^
もう、これは慣れるしかないのかな~。

デモからも分かるように、フランスの日本大使館から
「外出は控えるように」と注意が来ましたが、
フランス人はいたって普通で、怖がって家から出ないとか
そういう事は全くない様子でした。
私は引きこもってましたけど;;

不満があればしっかりと自己主張するフランス人!
でも、いい加減で大雑把な所も^^

世界中の腕自慢のシェフや、パティシエが、名声を掴むために
パリにやってきて腕を競っている美味しいものが
集まる街でもありますね。
~ありがとうございました~
本部を

>>ふたごパンダさんへ
こんにちは。
ブガッティ!!高杉晋助ですよね(銀魂?)
しかも、実は一台売れるごとに3億円の赤字を出す!?
なんだか、私には理解不能;;
お金があったとしても、購入するには販売会社、そしてブガッティの
審査を通る必要があり、このブランドに見合う人間でないと
買えない、とのことなので、お金もないし見合う人間でも
ない我が家にはサンタクロースさんも無理だそうですw
しかも、維持費だけで、年間2700万円ほどするなんて…

えっ宝くじ、購入されたの?^^
もし当たったら、おねだり決定v
パンダの赤ちゃんが欲しいなぁ♪
ずーっと以前、年末ジャンボで一等が当たったことはありますよーーー
ーー組違いでしたが…悔しい;;

サンタさん、現金のプレゼントは駄目なんですねー。
って、でもサンタさんってお金持ちなんだろうなぁ。
私生活でブガッティに乗っていたり?^^
そして、年齢も気になります…

わぁ元歴女!?
うん、サンジ君も食べ物の話題も…美女同士ってところも
似ていますよね!!
もう盛り上がって、徹夜でお喋りしそうです(食べながら…ネッ(笑))
~ありがとうございました~
本部を

>>yokoblueplanetさんへ
こんにちは。
ブガッティをショールームに入れる所を偶然、見ることが
出来ましたが、運転者も周りの関係者も緊張している様子が
伝わって来ました。
こちらまで手に汗握る…そんな車に乗ってもリラックスできそうにない;;
プレゼント合戦とマクロンさんの色々、どちらも上手く
落ち着くことを願っていますv
我が家は、多分…私の勝ちでしょう^^

「火曜日にストラスブールのクリスマス市で発生した襲撃事件は、
政府の陰謀である」-そんな「黄色いベスト」による陰謀説が、
フェイスブック上で炸裂とか、主要な陰謀説は、
「反政府デモで追い込まれた大統領が、この危機から国民の目を
そらすために、襲撃事件を仕掛けた」というもの…どこまで病んでいるのだか;;

あの方も、次から次へと、ですね。
こちらでは、12月の中旬頃のニュースで「おせっかい焼き!
トランプ大統領にフランス政府が激怒」というのがありました。
「おせっかいを焼かないでくれ」-トランプ米大統領が
フランスの抗議活動を受け、気候変動抑制のために
結ばれたパリ協定を非難するツイートを投稿したことに対し、
フランス政府が他国の政治に干渉しないよう苦言を呈した次第で
「アメリカの忠告はいらない」と始めたジャン=イヴ・ル・ドリアン外務大臣は
「フランス国民を、放っておいてほしい-私から、
そして大統領から、トランプ大統領に申したい」と。
トランプ大統領は、土曜日夕方に反政府デモを繰り広げる
「黄色いベスト」の抗議活動に触れ、「パリにとって大変悲しい1日。
ばかげた金のかかる、パリ協定を取り下げる時が来た。
税金を下げて、国民に返金しろ」とツイート…

ストをするのは,
フランス国民の権利かもしれませんが日本から来た私にとっては
難い文化でもあります。
ですが、今回のフランスの「黄色いベスト運動」が
まさに「フランス革命」のように今、世界に広がる
人類史上経験したことのない“貧富格差”を
是正するきっかけに
なるかもしれませんし。

移民を受け入れたことによって、フランス国民全体の賃金水準が下がり
一方で貧困層への社会保障は手厚い国だから、その分税金が高い。
税金を高くすると、企業が外国に逃げてしまう…
~ありがとうございました~
本部を

>>まこさんへ
こんにちは。
サンタビリーバー、卒業は寂しいですね。
「大人になっても信じている」それもアリかなって思う時があります^^
というより、クリスマスのこの時季ってやっぱり好きだなぁ♪
クリスマス、大晦日、お正月へと続くこのシーズン、単純に
楽しみたいという気持ちですー。
頭の中、クリスマスでいっぱいの浮かれてる人みたいになってます?^^
子供にも、サンタクロースを待ち焦がれる楽しさをワクワク
楽しんで欲しいと思う(^^♪
目に見えないものを信じるということは、私の好きな
ファンタジーにも通じるかな~。

気温がかなり冷え込んで、朝晩は氷点下にまで下がるようになり
外に出ると顔が痛い!!
顔も歯も鼻もぜーんぶ痛い、感覚がこれから続くのだと
思うと憂鬱…。
ホットカーペット、日本に居る時は大活躍していましたよー。
カーペットの上に座り込んで、毛布を掛けて編み物したり
読書にパソコンにオヤツも^^
そのまま居眠りもzzZ 至福の時~~
使い捨てカイロは、貴重なので風邪を引いて寒気がするとき以外は
出来るだけ我慢しています。
でも、年々寒さに弱くなっているって実感します。

パリのデモ「黄色いベスト運動」第5回目の土曜日も、
シャンゼリゼに集結して不屈の抗議活動を継続でした。
税金と最低賃金の妥協案を発表したマクロン大統領は、
火曜日にストラスブールで起きたテロと寒い冬空も加え、
国の鎮静化を願っていたところ…
抗議活動に参加しに来たという43歳の男性は、
「平和に抗議したくて来た。暴動が起きたらすぐに帰る」と言い、
「現在、妻ともに失業中で、毎月700ユーロ(約90,000円)で
子供2人の4人暮らしはかなり厳しい」と。
私は土曜日のデモのときは、引きこもりしているので
大丈夫ですが主人は、たまたま入っていたお店から出とき
デモ隊の行進と遭遇。
入口のセキュリティの人に、扉閉めるから下がって!!と言われ、
店内に閉じ込められるはめに。
すぐに何発かの爆発音が聞こえ、行進先から煙が見えてきて、
逃げて戻ってくる人々が…変な匂いもするし、あれが
催涙ガスというものだと経験し、お店の入り口を叩いて、
開けろー!!って苦しそうに訴えてくる姿はさながら地獄絵図の
ようだと言っていました。

デモに参加していない一般市民まで巻き込まれるなんて;;
先週に比べたらデモに参加する人数も格段に減ってはいますが
来週もするのかな??
噂によれば三ヶ月続けるっていう話もあるみたいですよ。

子供に、たまーに漢字を教えているのですが、自分も
再確認や知らないことが出て来て、楽しんでいます♪
例えば「人は、人の間に生きていることから「人間」と言います」
ということは、人間として生きるということは、自分のためではなく、
他に存在するもののために生きるということなんだなぁって^^
体の中に目を向けてみても、肺や心臓、肝臓、腸など
自分のために存在する臓器は何ひとつなく、
体内の他の臓器や細胞を生かすために働いているとか。

勉強をする時は、「それが何の役に立つか」を考えるよりも、
そのこと自体を楽しむのが健在?^^
本を読む時は、「これを読むと知識が増える」とか
「お金が稼げるようになる」とか考えるのではなく、本を読むこと自体を楽しむ。
趣味というのは、例え何の役にも立たなかったとしても、
それ自体に夢中になれるようなものかな~。
~ありがとうございました~

本部を

>>ライトさんへ
こんにちは。
日本人は、人と同じだと安心する!ってことありますよねー。
「みんなと一緒にしなければ」「みんなと一緒だと落ち着く」
「私と同じようにしてほしい」というようなマインドが
どちらかというと強い国民性かなと感じています。
どの国もそうですが、改めて教育というのはすごい力を持っていますね。
幼稚園の方針にもよりますが、「きちんと」並び、
声を「揃えて」大きな声でみんなで挨拶をし、
声をきちんと「合わせて」歌い、足並みを「絶対間違えないように」
行進をし、右手をあげるときは「みんな」右手を上げて…
日本はそんな教育があるからこそ、いつ何時も秩序正しく、
電車もルールに沿って待つことができ、力を合わせて
何かを達成することができる…」よね。

ホームステイでしたかぁ~。
お嬢さん達にも経験させてあげます?^^
どこにいても危険はあり、何が起こるか分からない世の中
ですが、悲しいことにも負けず、前に進んで行って欲しいな^^

シュトーレン、なるほどです。
難しいですね…残ったら全部、お買い上げしちゃいますよ^^
10㎏がお腹に入るって考えると、怖い(笑

生クリームでトゲトゲ!!
うわぁ根気が…わたしゃ無理ざんす(誰?
ピクルス以外でも、例えば玉子…パックに数個無しでも
平気で並んでいますよー。
6パック入りの牛乳や水でも、1パックだけ勝手に抜いて行くし、
もう全然日常茶飯事、驚きもしない(笑

ルカリオにゴウカザルにゼラオラ達は、どちらかというと人間体型で
カッコイイ^^
性格もイケメンですよねv

前回のお返事では10度前後と言ってましたが、0度に!!
布団が私を離してくれない(笑い)季節になりましたよ;;
というわけで(どんな訳?)今年も残り少なくなりました。
いつも愚痴ってばかりですが、フランスに来なかったら、
出会えなかった人にもたくさん出会えたし、いい加減なスーパー
にも慣れて来たし、この経験ができたことは
すごく意味の
あることだったと思います。
海外赴任への帯同は当たり前じゃない。
みんなたくさん葛藤して、それでも大事なもののために
取捨選択をしているのだと思います。
~ありがとうございました~

本部を

>>senri32さんへ
こんにちは。
写真は現実と架空の合成です。
素敵ですよね~。
それに比べてポストの落書き;;
こちらに来てから、ずーっとあのままなので、何年前から
放置されているのだろう。
1年以上も壊れたままの信号機もあります(汗
何故、修理しないのだろう…
日本のような丁寧なサービスは、到底期待できませんね。
例えば、お客様は神様???フランスでは?真逆なのです。
日本では入店する際無言の方が多いですが、フランスでは
「お品を見せていただく」と言う気持ちを挨拶と言う形で
表現するとか、お客様が最優先の日本は本当に大変だと思いました。

日本の小学校では当たり前の「掃除の時間」ですが、
これはフランスにはないし、フランスでは給食も、教師ではなく、
給仕担当のマダムが給仕はもちろん、食事中のお手伝いをしてくれ、
掃除ももちろん、掃除の方の「仕事」なのです。
日本は幼い頃から、自分たちの使っている場所や物を
自分たちで綺麗にすることで、ものを大切に扱ったり、
物を捨てると誰かが掃除をしなければならないことを学び、
街も綺麗になるということを学んでいきますよね。
道徳上もとても大切なことですから。

逆に、掃除はないし街も汚いけれど、フランス人は幼い頃から
哲学を学び、考える力を養い、議論に打ち勝つ方法を
学んで来ているのかな~?と。
自分が間違っていても、それを正当化できるほどの素晴らしくも
技術を幼い頃から叩き込まれて学び育っているように感じます。

パリではゴミ箱なんて、20メートルおきくらいの
信じられない近い間隔で設置してあるにもかかわらず街はゴミだらけ;;
日本はゴミ箱なんて滅多に見なくても、パリよりずっと衛生的で
ゴミも少ないですよね。

やっぱりパリは顔を上げて歩くと美しい!^^
~ありがとうございました~

本部を

>>taishoさんへ
こんにちは。
毎年この時期のtaishoさん、とって~~も忙しいですよね。
お仕事の方も、混む時期ですし、冬休みも控えて、そしてクリスマスに
年末年始に、大掃除に、年賀状…
風邪をぶり返さないように、無理し過ぎませんように!!
私も(?)残すところ、通院の方も(年内は)3回となりました;;
薬が増えて、お腹いっぱーい(汗

2018年12月23日から2019年1月08日までクリスマスのバカンス
ということで、何だか慌ただしくなって来ました。
お正月が無い分、クリスマスが盛大なので街も賑やかですよ♪

美味しそうなお菓子もたくさーーん見掛けますv
チョコレートも多いですよー。
クリスマスは1年のうちで1番大量のチョコレートを配り、
そして頂く日でもあるのです。
日本ならバレンタインデーですよねー。

心配されていました黄色いベストを着た市民による暴動は
先週ほどではありませんでしたが、パリ市内に戦車みたいなのが
出動するなんて信じられない光景でした。
まるでSFの映画を見ているようで…
デモをすること自体は、伝統的にフランスで行われていることで、
政策に意見を言うこと自体は、悪いことではないはずなのですが
それに便乗した暴力行為が、あちこちで起きるというのは、
どうしてなのでしょうね。

長男君、実用的なプレゼントですね^^
ウチはまだ暫く、オモチャでしょうね…ところが
今年は本物のウサギを、サンタクロースさんへの手紙に…
しかも女の子のウサギって、性別まで!
サンタクロースさんも驚きです(笑
と、同時に焦りました^^

親は、子供に安定した不安のない、少しでも
心配の少ない人生を
選んで幸せになって欲しい。


それが親からの、サンタクロースさんへのお願いかな~。
~ありがとうございました~

本部を

庭園を
人生は一番美しい 童話である

Hans Christian Andersen

「親指姫」や「マッチ売りの少女」など
美しくも悲しい童話を数多く残したアンデルセン。
彼の物語と同様、現実の人生は美しいことばかりではありません。
苦悩や悲しみ、心が折れそうな試練を受けることもあります。
でも、なんの試練もない人生があるとしたら、
それは本当に幸せでしょうか?
誰の人生にも雨風があるからこそ、やがてあなただけの
「美しい童話になります」
もし今、不幸に見える出来事に遭遇しているとしても
ハッピーエンドに向かう途中ととらえてみると
新たな扉が開くでしょう。
熟語を
スポンサーサイト



プロフィール

なつみ

Author:なつみ
~favorite~
孵化・リセット(以前はポケトレ)で、のんびり色違いポケモン集めています^^
ピクミン
ポケモン(リザードン、ツタージャ・・・)
ONE PIECE(ロロノア・ゾロ、トラファルガー・ロー)
夏目友人帳
デジモン
ゴジラ
銀魂(坂田銀時)
NARUTO―ナルト―
EXILE

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR