FC2ブログ

♡ 色違いツボツボ♡

かえってきた
 ご訪問頂き~ありがとうございます~

信じられないレベルの高温を叩き出した熱波から一転して
昼間は30度くらいまで暑くなっても、夜の気温は
いつもの調子が戻ってきたパリ(平均15度)
こちらの夏は、日の出も早いですが日没も遅く
毎日、夜22時近くまで明るいし、パリのディナーは、
20時くらいのスタートが多いのですが
夏場は、さらに遅くなりがちで
気がつけば日付を超えていることも…
 

きゅうぞうする


ーお片付けー
何故か「今日は片付けしよう」と考えると、
別のことがしたくなります
仮に、片付けを始めたとしても、やればやるほど、部屋の中は、
ごちゃごちゃが増えてきます。
それが山となり今度はそれを、どう片付けるか、考えなくてはならず
一日掛かりを、数日間;;
古いものを、整理して、 捨てる、とっておく、と分類するのは、
時間だけでなく、
「気持ち」のエネルギーも、かかりました。
     ・
     ・
     ・

疲れたら甘いものが食べたくなり、開封したところ
何この偏り(笑
一番好きな味が1個という><
えんえい
かいきょう



ー身体障害者に備えた海岸がオープンー

アンディプラージュと命名し、アンティーブの海岸が、
砂の上で使える車椅子と9時半から18時半までお手伝いに
専念するスタッフを備えて、身体障害者が利用しやすいように
オープン導入されたビーチ用車椅子は、砂上の操作はおろか、
そのまま海の中へも入れるという優れもの。

身体障害者に便利なアンディプラージュは、アンティーブのみならず、
カンヌ、ニース、ナルボンヌなど、全国200カ所以上に上るところ。

アンディプラージュを名乗れる海岸は、身体障害者専用の駐車場、
車椅子が入れるランプ(スロープ)、そして車椅子利用者でも簡単に
移動させることができるビーチマットを備えていることが条件。

ちょうかん


ペットは旅行の邪魔者!??

今年の夏だけで8,000匹以上ものペットが、フランス全土の
SPA施設に放置され、奉仕活動家らは奮闘しているところ。
ボルドーのSPAでは現在、250匹の犬と200匹の猫を保護。
「毎年同じ事態」という奉仕活動家は、「ペットのことや
施設のことなどお構いなしに、人々は夏の休暇に出かける」と苦言を。
施設に収容される迷い子の70%が、最終的に飼い主によって
引き取られていくというものの、ボルドーでは間もなく犬用の
保護スペースがなくなる危機状態。

「ペットをおもちゃと思っている人が多い」という施設は、
「寒い冬は娯楽だけれど、夏のバカンスには厄介者」
とフェイスブックで戒めを告示。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日の色違いポケモン紹介は
「ツボツボ」
はっこうポケモン
うねうねうつぼ
甲羅にすっぽりと入った姿をしている。
ツボツボ隠
甲羅にはホヤを連想させる小さい穴がたくさん開いていて、
細長い頭部・手足のようなものがとびだしている。
甲羅は赤く、本体は黄色い。
木の実を発酵させ、自らの体液と混ぜジュースに
することがある。
顔立ちはどことなくマリオシリーズに出て来そうな
風貌をしている。
名前の由来は「壺」+「フジツボ」と思われる。
ツボツボ食事
ツボツボハート
ツボツボ?
つぶらな目が可愛いポケモンですね♪
ツボツボウインク
ツボツボ爆発
ー色比較ー
通常ツボツボ

お気に入りのボツボツ(^^♪
足裏


訪問&拍手&メッセージ
~ありがとうございました~

もう少し体調が良くなったら、フィンランドに
行きたいと思っています。
みんな親切で優しくて、マナーがあって、街は清潔で、
道にウ◯コもゴミも落ちてなくて、交通機関も清潔で、
地下鉄も臭くない。
細かいストレスが何もない。
大好きですフィンランド♡


>>ふたごパンダさんへ
こんにちは。
うなぎ、高いですよね>^)))< ~~~~~
日本に居る時は、村のお祭りで「ウナギつかみ」に挑戦(^^♪
ウナギつかみ名人と呼ばれていました(笑
それに川へウナギ捕りを楽しんだりして、殆どタダ同然で
食べていたので、都会に出て驚いたっぺ(っぺ(?)

いつまでたっても、金塊どころか日本便の金ちゃんヌードル
さえ届いていませんw
パンダのバンダナも…

この夏の暑さで、学んだこと♪
フランス人は直ぐ服を脱ぐ!!
暑ければそこらじゅうで男性の上半身裸は当たり前、
女性も堂々とブラジャーになるんですねー。
別に水浴びじゃなくても公園でもブラジャーだから
日本人みたいに"下着が透ける" なんて気にした事もないんだろうなー。
暑ければ脱ぐ!!ただそれだけのこと。
こういう開放的で素直な所…結構好きかもv
(男性の上半身裸、見放題もスキかも(笑))
夏は開放的ってことで^^
~ありがとうございました~


きゅうぞうする


>>ナカリママさんへ
こんにちは。
パリの暑さ、日本の新聞にも載っていたのですね!!
市役所などの公共の建物でもクーラーがあるとは限らなくて
むしろ無い方が多いくらいだし、メトロも16線あるうちの
3線しか冷房が付いていない;;
バスに乗り込んだ瞬間にあまりの暑さに倒れそうになりました。
運転手さんに車内の温度は一体何度なんですか?!と訪ねたら
えーっと50℃!!後方の席はエンジンの熱で55℃はあります!
との答えを聞いてまたまた倒れそうに…

私も同じように思ったことがありますよ^^;
今日も子供にイライラしたり…本当はそこにいてくれるだけで
幸せなんですよね。
物より思い出、服やオモチャを買うより思い出を買おうと思いました。
私に何かあった時、服なんか残したって処理に困るだけ。
それよりどこかに行って楽しかった、何かを食べて美味しかった
って思い出を子供達に遺してあげたいなって。

我が家の人間以外の家族も、知人宅に避難したり
クーラーのあるキッチン付きのホテルを借りたりして
猛暑対策していますー。
大変ですけど、大切な家族ですからね^^
~ありがとうございました~

きゅうぞうする


>>ミドリノマッキーさんへ
こんにちは。
「暑さを受け入れて」
本当にその通りですねー。
その言葉をしっかり受け入れたら、何だかスッキリしました。
今の状況の中で、ストレスなく暮らしたいですv
夏の空気は暑さの中であらゆる匂いに満ちて、果物は熟して発酵し、
緑はいよいよその色を濃くして…そういう風に気持ちのスピードを
緩めながら高速道路から外れてゆっくり、夏の一ヶ月間を
大いに楽しみたいなぁ♪

夏のパリ、観光客向け以外のお店はレストランを含めて
軒並み閉店してしまうし、皆はバケーションで出かけてしまって
静かになってしまうけれども、この静けさ、緩やかな時間の流れ、
人通りの少なさ、街中の空気が丸ごと入れ替わって
リラックスした様なこの緩い感じ、
夏のパリの街の贅沢さはパリの街に残る私達にとっての
「とっておきの秘密」なのかもしれませんね。

マッキーさんも、1、のどが渇く前に水を飲む。
2、気温よりも「湿度」の低いところで休む。
3、日陰で涼しいところに移動する。
…注意して過ごされてくださいね。
~ありがとうございました~


きゅうぞうする


>>pilさんへ
こんにちは。
私も、ウナギより鯖、松茸より椎茸でーすv
うん、やせ我慢じゃないです(笑
ここに住んでいると、色々な国の料理を味わうことが出来る
ことだけは嬉しいかも♪
なんちゃって日本食店が多いのは嫌ですが;;
最近、食べたのはインドネシア代表料理のサテ。
デザートはバナナをキャッサバ芋で巻いた物で初体験でしたv
えーっフランスで生肉!?と、ドキドキで食べたタルタルも
今では好物に^^

うんうん、脅威の暑さ!!
クーラーがないという事はこんなにも辛いことかと思い知った夏><
熱波に慣れていないフランスのような国は、生活の中に
熱波に負けない生活の工夫が組み込まれてないので大変ですね。
パリ、フランスは相変わらず自然災害に弱い国だと実感;;
地球温暖化、と言う言葉が仮説の理論上のもの、なんて言う
悠長な事など言っていられないほどの危機感を持って
日常の生活からその脅威を感じる様になりました><

ピクニック、イイですねー。
その日が来ることを楽しみにして、あと何年か分からない
フランス生活…頑張って乗り切ろう^^
お土産いっぱい用意して行きますね♪
山の物と海の幸を物々交換?^^
~ありがとうございました~

きゅうぞうする

>>ライトさんへ
こんにちは。
プールが中止!?
水不足なら分かりますが、高温で…!?
(私の出身校、ストーブもクーラーも扇風機もなく
プールだけがクーラー代りだったよ(苦笑))
なっちゃん学校もスパルタw
母に聞いたら20匹超えだったとぶーぶー言っておりました。
小学生のなっちゃんなので、20匹のお世話をサボっていたそうです^^;
ウーパールーパーは、1匹でしたよ♪
名前は「あっほちゃんw」
ユニークなお顔でいっぱい癒されましたよ(^^♪

隣人の国が、遠い存在になり、経済へも悪影響が出ているようですね。
数年前の「韓流ブーム」は、何処へ行ってしまったのでしょうか::
悲しい状態に…
「れいわ新選組」もありますよね。

うん、旅は良いですよねー。
でも、住むのは…未知のフランス生活に対して、かなりのワクワクが
あったのになぁ(笑
やっぱり、日本が好きだなーって、改めて思いました…。

パリの問題は公共交通機関にクーラーの設置がほぼ無いし
どうやって日中を生き延びるか、本当に死活問題です><
それから、自己責任を取る事よりも、責任転嫁と言い訳をする事を
学校でも家庭でも優先して教えるし、良く言えば個人主義が徹底して
個性的でもあるけれど、悪く言えば自分勝手で自己本位で
周囲に気を配る方がかえって損をしてしまうみたいな風潮もあるので
日本の風土で育ってきた者には戸惑う事がかなり多いのも事実です;;
~ありがとうございました~


きゅうぞうする

>>まこさんへ
こんにちは。
「ギモーヴ」、いつか記事にしようと思いながら、のんびり過ぎる
更新で間に合わず…忘れていました;;
GUIMAUVE(ギモーヴ)フランスのマシュマロを是非
召し上がってくださいね♪
ギモーヴはウスベニタチアオイと言う名前の植物で、
昔はこの植物の根っこの部分のゼラチン質を原料として使っていたそうです。
医療用にも使われるらしく、のど飴やトローチとしても使われるみたいで
植物の力って、凄いですねー。
ヒョウが降ったとは!?
あっ、こちらも結構まとまった大雨が同じ日くらいに…
こちらの夏は日差しが強くて、ですが日傘は使えないので
焼け放題です(焼肉店みたいw)

「郵便ポスト」
この言葉を聞いてから、心の曇りが晴れに!^^
そう思うようにしますね^^
しかも、日本のポストなら毎日のように覗いて確認して…
でも、フランスの郵便事情で考えれば、すごーく気楽に(^^♪
速達はムリですが、郵便物が行方不明だけは避けたいですv

体調のこと、いつも優しい&温かいお声かけ
本当にありがとうございます。
今回はホント、帰国したいと本気で考えたのは事実ですが
帰るだけの体力がなくて、そして戻る日が来ても
正直、またあの修羅の国に戻って、修羅の日々が始まるのね…と思うと…。
フランス生活の良い所をたくさん思いながら…頑張って乗り切ろうって^^
今日はトマトソースを作ろうと張り切っていまーす。
夏野菜は豊富で新鮮なところは有難いですね。
メロンも安いしって、うん(食べ物のことばかり?(笑))
こちらの美味しいもの、早く紹介できるといいなー。
~ありがとうございました~


きゅうぞうする



「怖いもの見たさ」なんて言葉もあるように
得体のしれない存在に心惹かれるのは 
普遍不易の人の性、とでも申しましょうか。


摩訶不思議なあやかしの世界へ、
いざ参りましょう。


「じゃあ、また明日ね」
振り返ると、少女の姿は煙のように消えてしまっていた。
ただ一つ、花結びが施された赤い糸だけを残して…

その夏、学校帰りの子どもたちが
忽然と姿を消す事件が相次いでいた。
奇妙なことに、子どもたちが消えた場所には
決まって血のように
真っ赤な糸が落ちているという。

姿なき誘拐者の目的は何か?
消えた子どもたちは、どこに行ってしまったのか?
再び動き出す「あの女」。…
…つづく(怖いので続きませんw)

そうさくたい


スポンサーサイト



プロフィール

なつみ

Author:なつみ
~favorite~
孵化・リセット(以前はポケトレ)で、のんびり色違いポケモン集めています^^
ピクミン
ポケモン(リザードン、ツタージャ・・・)
ONE PIECE(ロロノア・ゾロ、トラファルガー・ロー)
夏目友人帳
デジモン
ゴジラ
銀魂(坂田銀時)
NARUTO―ナルト―
EXILE

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR